読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳腸トレードオフと後遺症治療

これは「手のひら先生高麗手指鍼講座」に載せたものです。

一般の方には鍼灸師でも難しいかもしれませんが、鍼治療では未開拓ないし完成し得ないでいる、脳神経疾患分野への大きな飛躍可能性を見いだせたのではないか、そう思えるキッカケになった言葉を紹介致します。

脳腸トレードオフという言葉は、耳慣れないと思います。

人間の進化特に脳の肥大化と腸の長さとの関係を、表した言葉として使われています。

回虫博士として知られた元東京医科歯科大藤田紘一郎教授が、ご著書「脳はバカ腸はかしこい」の中で、ヒドラを例にこの関係性を説いた文章があります。

腔腸動物として知られるヒドラです。

ヒドラは餌がなくなると脳を作り出し歩いて新しい餌場に移動する。

新しい場所に来ると要らなくなった脳は、自分で食べてしまうのです。』、

これを脳腸トレードオフと呼びます。

人間の脳が肥大化するに従い、腸の長さがどんどん短くなって来たのは、腸の神経が脳神経に転換したと推測されているのです。

このことの意味を私は1年ほど考えていました。

思いついたのは脳神経に対応するツボが、胃の経絡小腸の経絡上に現れるのではないかということでした。

コロンブスの卵かコペルニクスなのか分かりませんが、突然の発想でした。

すると出てくるわ出て来るわという感じで、脳神経に対応するツボが見つかりました。

もちろん脳神経はディメンションに対応する様にしましたので、経絡上にそれらが重なることはありません。(ディメンション等の解説は上記のブロク等で解説しています)

腸と関係する経絡上で脳神経を刺激できるツボ、これと手のひら上の脳神経のツボを同時に刺激しました。

結果まず顕著だったのは排便でした。

回数が多くなりやがて理想的な便と回数に治まりました。

更に脳溢血後遺症で最後まで取れない凝りが、少しづつ緩和して来たのが実感できました。

動作や血圧も更に改善と良いことずくめでした。

これはすぐ新患で来られた、進行性核上麻痺の症状にも処方しました。

帰る時には付き添いの方が「声がはっきりしてきた」と仰っていました。

またまぶたが下がってきて目が開かなかったのが、徐々に開くようになっていました。

翌週に来られた時は、声もはっきりし目も前回に比べ遥かに開いていました。

自分とこの患者さんそれに妹のパーキンソン病にも処方してみて、結果これが脳神経疾患に効果的なことがわかりました。

まだ初めて3週目ぐらいなのですが、更に陰陽を考え陽側の甲のツボも決め治療をはじめました。

更に体の部分が動き始めていると感じています。

人間進化と鍼灸治療を考えると、まだまだ解明しなくてはならないものが出てきそうです。

 

10月14日 筋トレ序章

血圧も安定させたしということで、本格的リハビリに入りました。

勿論いきなり激しい運動はしません。

「やってはいけない筋トレ」坂詰真二 著 青春出版社刊 を読みながら、先を急がないように始めました。

思った以上に筋肉が弱っているを感じました。

発症から10年、本格的効果のある鍼治療方法を見つけてから、およそ3年経ちました。

脳の調整は98パーセント以上、おそらく回復しているはずです。

交感神経の異常な高ぶりも抑えられますし、もちろん脳溢血の原因はキラーストレスでしたが、その治療法も完成いたしました。

そこでまず筋トレは足から始めました。

後遺症で足が以前のように動かないのは、筋繊維が相当程度衰えたからと思っていました。

どうもそれが正解だったようです。

自重筋トレです。

スクワットです。

左足1本でスクワット10回を1セット、休憩を入れて3セット行いました。

ヒエーッというぐらい効きました。つりそうになりました。

左右の足の太さは変わらないようでしたが、中身が相当スカスカだったのが分かりました。

筋トレは三日に1回の指導でした。

翌日は試しに腹筋を行いましたが、すぐやめました。

腹筋がつったからです。

イヤー痛かったですねえ。

降圧剤飲んでも血圧が長い間安定しなかったので、負荷をかける運動をしなかったツケがこんなところに出ました。

それからダンベルを持って、肩甲骨周りの筋肉をほぐすようなことをしましたが、これも効果的です。

自分では脳の問題と思っていたのが解決し、どうやら筋力の低下が問題だった部分もあったようでした。

おそらく腸などもダメージを受けていて、それで便通が安定しないこともあるかもしれません。

腹筋等を鍛えることで、こちらも良い影響が出るのではないかと、期待しています。

手のひら先生の新・鍼灸理論を動画にいたしました。

二千年以上歴史のある鍼灸医学ですが、治療範囲は限定的でした。

古代の偉大な治療家は解きたくても解けなかった大きな謎を、生命形態学という三木茂夫教授の進化論と

フランス人医師ポールノジェ博士のディメンションという発想、そして韓国人柳泰佑師

によって発見発明された、高麗手指鍼を使って解明しました。

そこで誕生したのが今回公開する「手のひら先生スタイルの新・鍼灸理論」です。

人間は進化によって脳が3層構造になりました。

心臓は古代の魚の時代と比べると、複雑なメカニズムを持つようになりました。

肺は鰓から肺という臓器に変化いたしました。

免疫は安保徹新潟大学教授によって発見された、自己傷害性も持つ原始免疫から胸腺の発達によって

がんと闘えるT細胞免疫を得た獲得免疫に発達してきました。

これらを古代治療家は14の経絡によって、病気治療に対処しようとしましたができませんでした。

今日まで東洋医学鍼灸医学が停滞し、西洋医学に比べ評価が低かったのは、進化に伴って現れるツボの欠如でした。

私は上記の先達の方々の業績から刺激を受け、鍼灸医学を現代に対応できるように、新たにツボを発見し理論構築をしました。

古代の偉大な治療家は気が付いていながら、論理的に説明できなかったことが数多くありました。

それが十分に説明がなされ且つ治療に結びつけることができるようになりました。

腰痛肩こりの治療から、免疫疾患・脳疾患・心臓疾患・肺疾患など、今まで鍼治療では成果が上げられなかった、

まったく手が付けられなかった分野まで治療範囲が広がる、その扉が開けられることになりました。

動画は順次公開いたします。

まずは第1章から5章までご覧ください。

第1章 東洋医学の構造 

www.youtube.com

第2章 気について  

www.youtube.com

第3章 ツボについて 

www.youtube.com

第4章 治療の場  

www.youtube.com

www.youtube.com

第5章 治療理論   

www.youtube.com

 ディメンションを考えなくては治療はできない

 デメンションの考え方を入れ、治療を始めてからどのくらいになるでしょうか。

どのディメンションのツボを使い、効率的に効果を出せるのか、試行錯誤をしてきました。

その方針が決まったのが2か月前くらいでしょうか。

後遺症だけではなく原因となったストレスからくる高血圧、そのストレスから狂ってしまった血圧のメカニズムも修正ができました。

それに加えて1年間放っておいた心臓の根本治療も加えています。

それらの治療の相乗効果があって、後遺症も順調に改善しています。

最後に残ったのが左肩関節の周囲の凝りだけです。

これが治れば完治ですが、これも目覚めたときに左手を回すと、ほぼ違和感がなくもう少しだなと感じることができました。

あとは重力に逆らった場合の状態だけになります。

左室肥大のある心臓の心電図を、理想形に持ってくるにはいま少し工夫と想像力が必要です。

二千年前の叡智をしても解けなかった心臓病治療の解決策が、あとどのくらいで見つけられるでしょうか?

アブレーションなどという空恐ろしいものに比べれば、はるかに安全な治療法と考えます。

しかしそれでもなお心電図波形でも理想形までには近づけたいとあれこれ腐心しています。

何はともあれ考えれば何か出てくるもので、少しづつその波形も変化してはきています。

キラーストレスと言うNHKの番組がありましたが、ストレスの原因は個々人の持つ課題ですのでこれは置いといて、それから派生し狂ってしまった昇圧メカニズムは、
ディメンション治療であっさり元に戻りました。

人間の進化を取り入れた鍼灸は、安全でかつ有意義な治療法です。

思わないような副産物も出ました。

いろいろなことが分かってきて、このたび「あ!そうかということで体操を考えました」

勿論後遺症にとっても効果的だと思います。

まだ三日ほどですが、2日目は筋肉が悲鳴を上げ今日はほぐれて快調です。

何かに「気付き」を見出せば、今までのことが180度変わって見えるのとおなじです。

人間の体って本当に面白く興味の尽きない作りになっているものです。

脳溢血後遺症治療 4人の成果最終報告

 本日は脳溢血の後遺症で3年ほど治療に来られている患者さんの報告です。

ディメンション治療の3回目です。

1回行ったあとはそれほど変化がなかったのですが、2回目終了の今回は結果がでました。

首を回すのがスムーズになったことです。

後遺症を発症するとすべての臓器がダメージを受けるので、結果として背中が張り首にひずみが来て首を回すのがぎこちなくなります。

そのほか肩甲骨の周りの凝り、これが取れてきました。

左肩甲骨周りは心臓との関係で、凝りが出やすい場所です。

脳溢血は命に係るものなので、当然自覚のあるなしに関係なく、ダメージを受けているものです。

それが体壁反射となって体に現れます。

それが取れてきたのは、ディメンション治療の効果です。

勿論ディメンション治療では、後遺症の治療 心臓の治療 そしてストレス治療を同時に行っています。

それだけ緻密に行った結果が今回の成果になります。

これで私を含めて4人の患者に、ディメンション治療の良い成果が出ました。

 

これで脳溢血等脳神経疾患の治療は、ディメンションを考慮した治療を行わなければならない、最終の結論が出ました。

これは鍼灸が壁を超えて進化する手がかりとなるものです。

脳溢血脳腫瘍手術の後遺症

 昨日も報告しましたが、ディメンションに分けての治療法の結果が、早くも出始めましたので報告いたします。

脳溢血の治療で2年ほど来ていただいている患者さんです。

ディメンション治療は本日で2回目です。

もうほとんど完治に近いところまで来ているので、目立った改善はありませんでした。

しかしいつもよりも表情が生き生きとして、顔が引き締まった感じです。

肩甲骨周りの凝りが取れてきたとおっしゃっています。

この療法で私もここの改善が目覚ましかったので、驚くとともにうれしい改善点でした。

今お一人は脳腫瘍の手術で左半身の運動マヒと痙縮のある患者です。

本日は2回目の治療です。

結果が出ました。

まず目立つのは左足がまっすぐに出てきたことです。

後遺症患者の足はいわゆる「ぶん回し」で、外からぐるっと回って足が前に出る現象が出ます。

これが9割方改善されました。

左手は固く閉じていたのですが、指が開いてきました。

今回の治療で次回はこの左手にも鍼治療が施せそうです。

ここまでの改善度を計測したとするなら、今までの治療法の数千倍は早く良い結果が現れました。

自覚症状としては血流が良くなったということです。

私自身の治療経過と成果、お二人の患者さんの結果を見て、これで脳神経治療法は完成と考えます。

 

 

 脳溢血脳梗塞後遺症の治療方法が確立したようです

試行錯誤ながら徐々に改善はしてきた後遺症でした。

しかし理論的にも技術的にもこれで良いと、自信をもって行ってきたわけではありませんでした。

誰も踏み入れた領域ではなかったので当然でした。

ディメンション治療として、理論を確立するまでに時間を要しました。

しかしここで行った治療法が、どうやら到着点と思えます。

人間の進化に沿った治療法です。

したがって手のひらの中に進化を投影するツボ、人体と脳とのツボを選定して鍼を刺し、治療するという今まで考えられてなかった治療法です。

私自身もツボを確認しながら進めることになっています。

本日は間隔をあけながらの3回の治療経過を報告いたします。

治療効果が出始めると必ず神経痛様の痛みが出ます。

今回はなかなか改善してこなかった、腰のあたり全般に出ました。

ディメンションというものを考えれば、これもごく自然なことになります。

またこのことは、例えば武道や気功や精神鍛錬などで、臍下丹田に気を集中させることを強調しますね。

なぜ?

この意味も解明できたように思います。

さて現在の状態です。

腰回りの運動が改善されています。

大殿筋中殿筋辺りの凝りまたは命令伝達が改善されたことにより、足の運びがよりスムーズになりました。

勿論立ち上がる時の軽快さは、ここ数年味わったことのないものです。

肩甲骨周りの凝りが残りますが、万歳をしてみる時に挙げる腕の左右差は、まったく感じない程度まで戻ってきました。