読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳溢血後遺症治療 9月28日

 昨日私が自転車に乗って外出すると、バランスがとても良くなったことに気がつきました。

そしてペダルを踏み込む力も強くなっていました。

徐々に緩やかに回復していることを実感しました。

さて今日はもうお一人の左半身麻痺患者さんが治療に見えました。

体調は良さそうです。

「何かご希望はありますか?」

答えて曰く「サウンド アキュパンクチャにもう少し即効性があったら」でした。

私もそう願いたいのですが、何しろ人間の体はそう急激に変化するものではありません。

急激に変化があると、歪がでてかえって悪化する場合があるのです。

最近NHKなどでも脳溢血脳梗塞の後遺症について、様々な劇的に回復している患者さんを紹介をしています。

しかしこれはほんの少数ではないかと思っています。希望を与えるのは良いのですが、現実の効果は限定的です。

昔は病院でも脳溢血患者をあまり長く置かなかったので、発症後1ヶ月以内に鍼灸を試す方が多かったようです。

そこでかなりの方が後遺症で苦しむこともなかったようです。

今ではこれがかなり難しくなっています。

病院でリハビリを行うので、治療の他にリハビリ期間が加わるからです。

テレビで動かなかった腕が自由になったなどと紹介された例は、全く動かない場合ではなくそこそこ動いていることが多いのです。

経頭蓋磁気療法が効果を上げているようですが、治療を受けられる患者は限定的です。

自分で歩いて病院に来ることができたりする場合のみで、まったくの運動麻痺がある場合は適用外です。

痙性麻痺は徐々に回復しているとは言え、やはり体に支障のない程度に納得する速度で完治に向かうスピードが欲しいものです。