読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳溢血脳梗塞後遺症の鍼治療  ちょっとした工夫しました

 YNSAを取り入れてから、一段治療のレベルが上がったようです。

まだ日によって波があります。

特に動きはよりスムーズになっているのですが、感覚がまだ鈍く感じるところがあります。

感覚野を刺激してきたので、かなり回復はしてきました。

たとえば足裏の先、中指の根元が膨らんだように感じたのが、脳溢血の前兆でした。

そこの感じが中々変化してきませんでしたが、それがどうやら移動し始めたようなのです。

それと痙縮においては脳幹部での信号伝達が乱されているのですが、そこの修整をより強くする方法を取ったことが良い結果をもたらしているようです。

さらに昨日から行った方法があります。

以前に爪もみ法を広めていた時に使った方法で、ハリボーイという器具がありました。

それを使って治療を行うことを考えました。

治療が進んできても感覚が戻らないならば、おそらくその部分を統括する脳神経はまだ活性化していないとかんがえました。

鍼調整がピンポイントで行われていないと考え、逆に障害がある部分から脳へ刺激をしようと考えました。

パチッとするとその部分の凝りがなくなり、感覚がよみがえったような気がします。

何でもやってみるのが第一です。

誰も脳溢血脳梗塞の後遺症を完全に治す方法も理論もないので、ありとあらゆるものを試そうとしています。

もちろん今行っている方法を数年前に行っても何の効果も出なかったことでしょう。

しかし高麗手指鍼で脳神経のツボを決め、左右のツボの調整を行ってきたことでかなりの回復をしてきました。

そのような段階までくれば今まで効果の出なかった器具でも、新たなものを引き出してくれることになります。

少し前から始めたレーザー治療がそれでした。

レーザーはいわばお灸のような効果だ、こういった説明が頭に刷り込まれていたので、なかなか治療に取り入れられなかったのですが、壁に突きあたったなかでひらめいて使ってみました。

すると思いもかけない素晴らしい治療効果をもたらしてくれることもあるのです。

中々人間の身体は一筋縄ではいかないものです。

いくら道具があっても適宜タイミングを計って使わなければ、それこそ宝の持ち腐れないなります。

しかし過去の症例文献にそのようなことが書いてあるずもなく、またそこが鍼治療の面白さにもなるわけなのですが、まあ大変なことではあります。