読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳神経に対応するつぼ一つ一つを調整

 脳神経に対応するツボをプロットしてあり、それをレーザーで刺激することをしていました。

レーザーの効果は弱かったようで、今回は鍼により補寫を行うことにしました。

ツボ一つ一つに陰陽プラスマイナスでわけ、強さ弱さを数字で表します。

今までこのような数値を表す言葉がなかったので、力価が言葉として音がしっくりくるなと思い使っていました。

しかしどうも本来の使い方ではないようなので、ここで造語をしました。

陰陽数字すなわち、Yin Yang の数値すなわち number 略してYYNとでも気取って使いましょう。

前々頭、前頭葉 運動野、感覚野、大脳基底核扁桃核視床視床下部、間脳、中脳、小脳、海馬 橋 等々。

脳溢血脳梗塞のダメージは、それぞれの神経に微妙にダメージを与えるようです。

さらに左右の脳の対称となるツボにも、それぞれYYNは差が出ます。

右は右、左は左全部が同じ数値になることはありません。

個々人患者によって差があります。

さてこの治療の成果はどうであったか?

まず自分で行った治療については、寝る前に治療をするといつの間にか寝てしまい、あとでテレビの音で起きることになります。

患者さんお二人の感想です。

お一人はまず従来にないほどの眠りが襲ってきて、すっきりした感じがあるとのことでした。

歩行で左足がしっかり上がらず、左右のアンバランスが目立ちます。

足の上がりの改善は顕著ではないのですが、運びが若干スムーズになったようです。

もうお一人もやはりぐっすり眠ったようです。

神経伝達路の障害があったのが、修正修復が行われ始めたのかと推測します。

この方は外見は障害があるようには見えないため、効果が見分けにくいきらいがあります。

しかし歩行に軽さが出たのと、表情に変化がでて来て生き生きしてきたようです。

脳溢血だけでなくパーキンソン病にも使ってみると、かなり顕著に効果が出ているので、さらに研究すると効果的な治療法の一つになりえそうです。