読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳溢血脳梗塞の治療法 7月25日

 NHKテレビを見ました。

運動音痴の子供を簡単に治すトレーナーの指導法が素晴らしかった。

最後に老人が家の中でつまずくことが多いですが、何より私自身がつまずきそうになります。

そこで彼 廣戸聡一氏の書籍を購入しました。

彼の方法は理にかなったもので、つまずくのは足があがていないからと言うものです。

足を上げるのに働く大腰筋 腸骨筋 腸腰筋などを鍛えるのでしょうが、その動きを教えてくれました。

脳溢血患者に共通するのは、腰が動かなくなることです。

仙骨を中心にその周りの筋肉が固くなっています。

なぜなのか?人体に潜む謎なのでしょうか。

脳の損傷ダメージに関しては、そこに影響が出るのがなぜなのか、これからの研究課題です。

なにはともあれそれを実行することにしました。

それに自分流の工夫をして、なんばと組み合わせることにしました。

廣戸氏の運動を行うと、仙骨を意識した動きになります。

ウオーキング時に難波の動きと、仙骨を中心に意識を集中してみました。

今日はそのあたりに痛みがあります。

が何か爽やかな痛みです。

それはおそらく体が動き始めた、連動をし始めて来た爽やかな痛みだからでしょう。

シャドウピッチングをしてみると、明らかに以前と比べ各筋肉の連動しているのが分かります。

勿論脳の方の治療もパチパチを使って行い、確実に改善しています。

こちらは手の痺れ方が変わってきていますし、肩甲骨周辺の凝りも無くなってきました。

7年前胸の凝りがひどく、呼吸困難で死ぬんじゃないかと思っていた頃から比べれば、それこそ月とすっぽんの差です。