読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳溢血後遺症治療 4人の成果最終報告

 本日は脳溢血の後遺症で3年ほど治療に来られている患者さんの報告です。

ディメンション治療の3回目です。

1回行ったあとはそれほど変化がなかったのですが、2回目終了の今回は結果がでました。

首を回すのがスムーズになったことです。

後遺症を発症するとすべての臓器がダメージを受けるので、結果として背中が張り首にひずみが来て首を回すのがぎこちなくなります。

そのほか肩甲骨の周りの凝り、これが取れてきました。

左肩甲骨周りは心臓との関係で、凝りが出やすい場所です。

脳溢血は命に係るものなので、当然自覚のあるなしに関係なく、ダメージを受けているものです。

それが体壁反射となって体に現れます。

それが取れてきたのは、ディメンション治療の効果です。

勿論ディメンション治療では、後遺症の治療 心臓の治療 そしてストレス治療を同時に行っています。

それだけ緻密に行った結果が今回の成果になります。

これで私を含めて4人の患者に、ディメンション治療の良い成果が出ました。

 

これで脳溢血等脳神経疾患の治療は、ディメンションを考慮した治療を行わなければならない、最終の結論が出ました。

これは鍼灸が壁を超えて進化する手がかりとなるものです。