読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳溢血後遺症治療 9月4日

 本日は脳溢血後遺症治療用サウンド・アキュパンクチャ試聴いただいている患者さんが来院しました。

試聴を始めて2週経過報告です。

外見が劇的に変わるというところはありませんが、確実に様々な点が改善されているそうです。

寝返りで左側が難しかったのがスムーズにできるようになりました。寝返りができると睡眠にも大きく影響が出ます。

左手の動きが良くなりました。

私のパソコンのキーボードを打つスピードが、最近格段に早くなっています。

左足が今少し上がって歩行できれば、外から見てリハビリ中とは見えなくなります。

横になっている時座っているときは、ほとんど違和感も痛みも無くなっています。

立っているときにひだりあしに負担がかけられないので、これが辛い事の一番です。

これは左足の筋力が衰えているので、左右のバランスが崩れている結果です。

スクワットをされているようですが、筋力を戻すには負荷をかけ続けていかなければなりません。

そこで両足のスクワットの中に、片足スクワットを少しづつ入れていくように提案いたしました。