読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳溢血後遺症治療 9月20日

 サウンド アキュパンクチャ最新改良版を聴き始めて、本日で4日目です。

昼寝と夜寝るときの2回、1回が30分程度なので3時間半聞いたことになります。

今回の改良は前回の痙性麻痺対策として、間脳と橋までの異状興奮を抑制することをしていたのです。

しかし効果はすぐ出たものの、今ひとつピンときませんでした。

そこで今回は延髄まで広げて、痙性麻痺を押さえ込もうとしたわけです。

この目論見は成功したようです。

今日は休診日なので午前中に市内に買い物に行きました。自転車と徒歩です。

帰宅して昼寝したあと、起き上がると身体に痛みが起きません。

いつもは腰や背中が突っ張って、立ち上がるとき鈍い痛みが起きるのが常でした。

それが今日はありません。

麻痺のある左足には、大腿部裏とふくらはぎに瘤のように感じるところが2箇所ありました。

少しづつ改善していたのですが、いまはすっかり消え去ってしまいました。

そういえばと首の硬さもほとんどと言っていいほど、締め付け感のあった凝りが消えました。

退院当時3年前は、首が回りませんでした。

回せば痛みが走ったという具合でした。

高層ビルを見上げるなどは不可能なことでした。

いつも頭が押さえつけられるような締め付けられるような状態が3年近く続いていました。

徐々に改善していましたが、ここで目覚しい回復ぶりです。

左肩付け根と肩甲骨周りにはまだ凝りが強くあります。

これは心臓を守るという意味でも、最後に改善していくところなのでしょう。

鍼灸における「瀉」いう意味が、このことによって難問として浮き上がってきたのは、また一つの研究対象として自分を奮い立たせる出来事でした。

生理学脳研究の最新研究を参考にしているのですが、中身は二千年三千年前に考えられた鍼灸理論で治すということは、東西医学の融合ができているのでしょうか。