読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳溢血脳梗塞の鍼治療 前回の治療効果が出ました

 以前から来ていただいている左半身痙性麻痺患者さんです。

脳神経の各重要ポイントの刺激を強めて行いました。

もちろん適当に鍼の本数を決めるのではなく、身体が欲している刺激に応じて決めました。

運動野の刺激を行い強め、その信号を阻害している部分の調整を行いました。

もちろん痙性麻痺を起こしている部分の調整は重要なことです。

脳神経を直接刺激できるというのは、フランスの耳鍼を発明されたポール・ノジェ博士以外は聞いた事がありません。

もちろん手のひらに脳神経のツボをプロットしたのは、手のひら先生だけです。

正確にツボの位置を確定し、必要とされるだけの刺激量をもって治療することが、脳溢血脳梗塞の後遺症治療には重要なことです。

体調はいかがでしょうか?

足に力強さが出て地面を蹴ることが出来るようになったそうです。

さらに足指に力が入ることで地面を感じながら歩けるそうです。

感覚野の刺激も確実に効果をもたらせたといえます。