読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

とうとう肩甲骨回りも改善

脳溢血脳梗後遺症治療 

 昨日買い物に行くと、足が軽くなってほぼ元のようになっているのに、うれしくなりました。

すいすいと歩行できたのです。

自転車も踏み出す力が増して、軽快にとばすことがことができるようになりました。

本日はまた手元にあるいつもとは別の機械を、試しに使ってみました。

すると肩甲骨回りのはり凝りが取れてきたようなのです。

これに少々驚きました。

まだ補寫については考えず適当に時間を測って行いましたが、このように顕著な効果が出るとは少々驚かされました。

まあ自分の身体でお試しは自由なので、何でも試してみようと思います。

患者さんの方の効果ですが、もお一人の患者さんも効果が出ているとのことです。

本日見えると顔が変わっていました。

今までと違って体に変化が出て、良くなっているようです。

唯一良くなるときに必ず出る、神経痛様の痛みが出ているそうです。

足の動きは良くなり、あとは上半身の回復だけです。

痙縮の改善には経頭蓋磁気療法があります。

運動麻痺が重いと受けられない、効果が出ない治療法です。

一人で病院まで行けて、2週間ほど治療を継続すると、痙性麻痺が良くなる治療法です。

根本原理は良い方の脳を磁気によって活動を抑え、問題の脳とのバランスをとる方法です。

私の行う方法は悪くなった脳神経を、部分分該当するツボに刺激を与えるというものです。

痙性麻痺には今のところ効果が出ています。