読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳溢血脳梗塞の後遺症 治療 3月10日

 昨年から書き込みが無かったのは、実はいろいろなことを同時に行ていたので、できなかったのが理由です。

そのストレスなのか2月にひどい風邪にかかり、10日以上食事がとれず2月は難儀しました。

しかし私の研究が進み脳の理解、そしてそれをいかに治療に生かせるか、それが問題でしたが成果が出てきました。

ディメンション治療を書きましたが、それを行うと今まで以上に神経痛に悩まされます。

一過性のものなのですがそれが収まると、より動きがスムーズになります。

私の場合ですとまず左の足が普通に出るようになりました。

次に気が付いたのは、自転車の操作です。

ちょっとした瞬間にバランスが取れないことがありました。

自分でもまだ回復していないのかな?と、思うことがありましたが今はそれも無くなりました。

脳神経のことも問題があるのでしょうが、手の凝り足の凝りが緩んできて、命令通りの動きになってきたことも、大きな要因でしょう。

さらに昨日あたりからごく普通に歯磨きで、左手を右手と同じレベルで操作できることに気が付きました。

左の歯は右手右の歯は左手で、歯ブラシを持ち替えて磨きますよね?

それが違和感なくできるようになったのです。

治療と研究の成果の賜物です。

まだ詰めなければいけないところは多々ありますが、ここまででわかってきたことは、既存の治療では脳溢血脳梗塞は治せないということです。

がんや免疫疾患についても同じことが言えます。

つまり既存の鍼治療では、腰痛肩こりまでが治療範囲という、世間一般にある鍼灸の認識が合致する治療法と言えます。

では内臓疾患が治せたとか数々のがんや免疫疾患の症例はどうかというと、これについては「治療家の気」の問題について突き詰めて考えないとなりません。

それはまた別のところにして、魚の時代に備わっていた臓器の疾患を良くしたという、そのような事例を検証してみます。

内臓疾患は西洋医学でも治せないというのが認識するところです。

手術というのはこの場合問題にはしません。

一般に内臓疾患が発症する原因に、体内にいるウィルスが疑われています。

既存のウィルスなので現在でも立証することが難しいのです。

このウィルスを抑える免疫システムをコントロールすることは、現在の西洋医学では困難なことです。

なおかつ原始から備わっている免疫と、進化の過程で獲得した免疫とを、区別して治療することは全く至難の業なのです。

東西の医学をもってしても難題なのです。

鍼灸にはこれに関係するデメンションⅡとⅢのツボがないので、現在のところ治せないということです。

それがある程度先達の報告では内臓疾患にも効果を出せたというのは、鍼灸技術を超えた治療家の気の効果なのでは?と、現時点では考えるのです。

またディメンションを考えて治療しないと、脳溢血の後遺症は治せないのです。

自分の体で実験をしなくてはならない、因果な商売と言っては何ですが。