読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

理論と実践のフィードバック

経絡とはなにか?

 

どこで生まれるのかという、鍼灸史において画期的な考え方を、動画にしてアップしました。

二千年の鍼灸の歴史に新しいページを開く、そのような意気込みで公開しました。

でもわからないだろうなあ?松鶴家千とせ(古いなあ)みたい。

そこで面倒なんだけど、自分でやるにはですが、この考え方とディメンションを考えた、脳のツボノの補瀉とニードルキーパーを使った経絡調整をしました。

細かい所の凝りが取れてきました。

脳の進化3段階をつなげ統一して働きを監視する、そのシステムが経絡なのです。

ディメンション ワン ツー スリー の脳のツボを補瀉し、それを有機的につなげる作業、それが経絡調整ということだったんだと理解した次第です。

脳疾患治療に使いました。

2例ともいままでにない深い眠りと、よい反応が出ました。