読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳溢血脳梗塞後遺症 治療法

手のひら先生のリウマチ相談室を運営する筆者が、高麗手指鍼の脳溢血脳梗塞後遺症治療について語ります。

脳溢血脳梗塞の後遺症治療  痙性麻痺はあと何日で消えるのかな

 最近は毎日ブログで治療経過を書くようになっています。

それほど毎日の治療効果が出ていて、自分自身の身体ですが面白いような変わりようです。

昨日はやはり脳神経のツボ刺激だけではだめだと考え、コリのある経絡を調整してみました。

これがやはり良かったのか、更に次の段階に踏み込めたようです。

縁側のガラス戸を空けるとき、ベット脇の隙間が狭いため横になって通っていたのですが、本日は真直ぐに足を運ぶことが出来ました。

これは腰周りが緩んだためと思われます。

そういえば腰の凝りも痛みもほとんど感じないことに気がつきました。

一番きついのはといっても昨日に比べればはるかに改善しているのですが、左肩付け根だけになっています。

考えてみれば経絡は脳全体を統括しているというのが私の理論であり、単に脳神経を刺激するだけではこのような脳溢血脳梗塞後遺症による障害は治せないのだと思います。

神経のツボを刺激するだけでは全体の統率が出来るわけも無く、脳全体を回復させなければ完治に至ることはできないはずです。

今回はそのことを証明したということでしょう。

明日こられる患者さんにも同じように処方して効果が出れば、痙性麻痺治療の完成になるでしょう。

それにしてもここまで来るには4年掛かりました。

それでもここまで回復したのは、高麗手指鍼がありそれを発展させたことが、自身に跳ね返ってきた結果と言えるでしょう。

高麗手指鍼と言うのはそのような力を持っているので、伝統的な鍼が及びもつかないものまで治療範囲を広げることが出来るのです。

がん治療はもう完成しました。

リウマチ治療はあと少しで完成です。

脳溢血脳梗塞治療は完全運動麻痺を直せれば完成です。

パーキンソン病も治療の目処は立ちました。

神経難病は進行性核上麻痺が難題です。

このようなところまで着ましたが、まだまだ頂上は見えず険しい断崖障壁は残っています。

でも高麗手指鍼があれば必ず乗り越えられるものだと思っています。